2021年9月号

2020オリンピックが閉幕し、パラリンピックも終盤に差し掛かりました。 ボクの友人の一人に上原大祐さんがいます。 ご存知の方も多いでしょうが、元パラリンピアン。 冬季バンクーバーパラリンピックで、アイススレッジホッケーの銀メダリストです。...

2021年8月号

うだるような暑さが続きます。 オリンピックでも、アスリートたちの熱い戦いが続いていますね。 勝者やメダルにメディアの注目が集まりますが、 この日のための努力の結晶を少しでも味わえるのは感動です。 彼らが「今」という瞬間に全エネルギーを注ぎ続けたゴールは、...

2021年7月号

東京は、線状降水帯の影響で丸二日以上雨が続いています。 目黒川もかなり増水しています。 雨は豊穣の象徴でもありますが、豪雨は破壊をもたらします。 常に私たちは、一極二元(あらゆるものは光影二つの側面を持つ)の中に在るわけです。 きょうは、私たちが持つ二面性について ●...

2021年6月号

梅雨になりました。 今年は早い梅雨入りで、どうやら長引くとのこと。 じめじめした季節が長いのは、少々うつうつとしてしまいますね。 コロナ感染もワクチンによる効果が見えてはきません。 オリンピック開催か中止かの論議も続いていて、なにかとすっきりしないことが続きます。...

2021年5月号

季節は巡り、ゴールデンウィークも終わりました。 昨年に引き続き、自粛の日々が続いています。 それでも、わたしたちはこの日常を、自分なりの工夫を凝らして過ごしていきます。 ワクワクした毎日も、うつうつとした毎日も、過行く時間は同じです。...

2021年4月号

満開の桜 目黒川は、花筏と、花見のボート往来で、にぎやかです。 コロナ禍とはいえ、やはり人出を止めることはできそうにありませんね。 第4波が来ていると言われています。 終わりのない戦いが続きます。 それでも季節は巡り、大自然は新しい「瞬間(とき)」を私たちに与えてくれていま...

2021年3月号

暖かな日が訪れています。 先日、講座の合宿で熱海に足を延ばしました。 全国でも沖縄と同じ時期に咲く、早咲きの桜が「あたみ桜」なのだそうです。 暖かな日差しの中で、小さな花が咲いているのを見ると、自然と笑みがこぼれてきます。...

2020年3月号

もはや、アジアだけではなく、 世界中で新コロナウィルスが猛威を振るっています。 想像以上の規模で、思った以上のスピードで、 この新しいウィルスが広がっているようです。 先月のニュースにも書きましたが、手洗い、うがいの基本と、...

2021年2月号

節分が過ぎ、立春を迎えました。 相変わらず、「鬼」は外へ出て行ってはくれませんね。 様々な姿に変容しながら、 ワクチンと言う「鬼滅隊」が活躍してくれることを祈るばかりです。 と、暢気に構えていることもできず、 現在継続している「緊急事態宣言」は、...

2021年1月号

新年あけましておめでとうございます。 新しい年は、めでたくもあり、感染者増大での不安懸念もある年明けでした。 緊急事態宣言も発令され、2月7日までは自粛が求めらるようですね。 医療現場の混乱、経済への影響、 それに対応する政府のバタバタ、問題は山積みですが、...

2020年12月号

令和2年師走 なんだか、今年は初めから走り続けていたような気がします。 現状を何とかしなければならない、と頭も体も忙しい毎日でした。 ようやく、見通しが立ってきたら、もう12月です。 皆さんも、今年を振り返って、気ぜわしい月日だったかもしれませんね。...

2020年11月号

紅葉狩り。 素晴らしい紅葉を見てきました。 GO TOを利用して栃木県矢板市にあるおしらじの滝へ。 以前、その近くにスッカン沢の渓流を歩いたのですが、 さきの台風で、今は通行禁止。 その代わり、幻の滝と言われているおしらじの滝へ行ってまいりました。...

2020年10月号

一気に秋が深まりました。 コロナで気を張っていますが、季節のめぐりに気づくと少しだけ心が軽くなります。 まだ油断はできませんが、今年は台風上陸が極端に少ないようです。 幸いにして、今年はまだ上陸ゼロ。 今年は、コロナだけでもう十分すぎるほどですからね。 ● 新しいこと...

2020年9月号

猛烈な残暑がつづき、それだけでなく激しい台風シーズンがやってきました。 梅雨が長く続き、夏の暑さは異常なほど、 そして70メートルを超える風速の台風がやってくる、 次々と、更新される異常気象は、 あきらかにこの地球に起きている異変に違いありません。...

2020年8月号

梅雨が明けましたね。 いつもと違う夏を迎えています。 今年に入って、毎日のように新型コロナウィルスのニュースがながれます。 その中でも、小さな、 きっといいニュースがたくさんあるはずですが、なかなか見えてはきませんね。 みなさんの小さな、でも大切な良いニュースについて考えて...

2020年7月号

こんにちは。 相変わらず、世界は新型コロナウィルスの脅威にさらされていますね。 「with colona」と言われるように、私たちの生活は このコロナをどう受け入れながら過ごしていくのかを、今問われています。 向かい合っている現実をどのように見て、...

2020年6月号

6月に入り、緊急事態宣言の解除はあったものの、 東京では徐々に数値が悪化しているようです。 どこかで長期戦であることは理解しながらも、今後どう展開していくのか、 不安な日々を送らざるをえません。 まずは、ワクチンが開発されること。...

2020年5月号

緊急事態宣言の延長が確実になったようです。 拡大を防ぎ、かつ健康を維持していくうえで、私たち一人ひとりが 自分の影響力を知ることの大切さは、先月のニュースにも書きました。 同時に、メディアから似たような内容が、 どのメディアからも流れてくることに少々うんざりもしてきます...

2020年4月号

桜満開の中、気軽に外に出歩けない状況になるとは、誰が想像したでしょうか? このひと月で、新型コロナウィルスによる感染者数は、 驚くほどの人数に達し、いまだ衰えることはありません。 日本国内が、今後どのような展開をしていくのかすら、まったく予想はできません。...

2020年2月号

節分を迎え、2月4日に立春。 2020年の新しい年が改めて始まりました。 暖冬で冬らしい冬は東京では味わえていませんが、 寒がりの私にとってはありがたい日々です。 ただ、新コロナウィルスの脅威が どこまで広がるのか心配は尽きませんね。...

1
2